前へ
次へ

レーシックを受けるなら30代までがおすすめ

レーシックは、今まではプロスポーツ選手や警察官、自衛官など視力が重要視される人だけの特別な手術、というイメージがありました。しかしだいぶ一般的になってきて、サーフィンが趣味の人やコンタクトが合わない人なども候補に挙げる手段だそうです。コンタクトはどうしても目に負担がかかり、つけ外しも面倒です。それにもし、長期的に家に帰れない避難所生活などになったとき、衛生面で不安があります。そこで、レーシックの手術を受けるのに適した年齢というものがあるそうです。18歳未満では受けられないのでそれ以上の年齢、かつ老眼が始まる前がおすすめです。と言うのは、遠くがよく見えるようになるとその分近くの見づらさが際立ち、老眼が進んだように感じるのだそうです。それでも生活できないくらいの強度の近視なら、レーシック手術によってだいぶ楽になるはずです。注意すべき点をよく理解した上で、信頼できる医師に相談して手術を受けましょう。

Page Top